インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
http://bangaloremedia.jp/

「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」探求者仲間のドキュメンタリー



映画監督ポール・ソルツマンが、1968年にビートルズがマハリシ・マヘシ・ヨギの指導のもとでアシュラムに滞在したときの1週間を回想した作品です。ソルツマン氏はこう語ります。「この伝説的なスピリチュアル・メディアイベントで、参加メンバーではないほぼ唯一の人間として一緒に啓発活動を行ったのです。バックパックの中のカメラによって、私はハウスフォトグラファー役にもなっていました。

ーーーーーーーーーー
インド映画を取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

逸話や洞察が特に深いものでなくても、ソルツマンが自分自身と数人の専門家の証人にカメラを向ける十分な理由です。ドキュメンタリー作家として、彼は60年代半ばのビートルズの神秘主義がもたらした文化的波及効果を探ることにはあまり興味がなく、別のドキュメンタリーの題材になりそうですが、ビートルズがいかにクールなオンブズマンだったかを回想し、最終的には超越瞑想のデモンストレーションに引き込むために、すべてを提供しているのです。

”インドバジガー”


モーガン・フリーマンは表向きの語り手ですが、実際にはカメオの演説者です。ナレーションの大部分(そして最終的にカメラに映るのは)は、カナダの元放送作家であるソルツマンが担当し、ゆっくりと落ち着いた口調で話します。1968年、彼は失意のどん底にいました。内なる声、「物質世界で汗を流すな」という声を聞いてインドに行き、アップル社以外でマハリシから指導を受けた唯一の生徒となります。彼の改宗者の熱意とビートルズ崇拝の熱心さから、彼はすぐにビートルズのテーブルに歓迎され、ジョージ・ハリスンのプライベートなシタール演奏会を受け、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが白い衣装でポーチに座り、当時他に言葉としては存在しなかった「オブラディ、オブラダ」のコーラスを練習するのを写真に撮られるようになったのです。

ーーーーーーーーーー
インド映画について番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー

ソルツマンは、もう一人のTMの伝道師であるデヴィッド・リンチを含む数人のゲストスターと会話しています。彼は製作総指揮を務め、そのほとんどが、史上最高のホラー映画撮影とはまったく違う方法で、心の平和の喜びを説法するために登場しています。ビートルズ史上最高の記録者であるマーク・ルイスンは、ソルツマンに同行して、インドへのノスタルジックな旅に出ます。ソルツマンが、インド時代にメンバーが42曲書いたと言われ、ルイスンが本当は30曲しか書いていないとやんわり断言するやり取りほど、筋金入りのビートルズファンにとって(それ以外の人にとっては)困惑する瞬間なのかもしれません。

映画監督は、68年の旅の仲間、ハリソンの元妻パティ・ボイドと再会し、彼が本物の "バンガロー・ビル "を探し出したと話すと、特に喜んでいます。トラを殺したと自慢してレノンを怒らせた実在のハンターは、『ホワイト・アルバム』の中でもより辛辣な曲のインスピレーションとなりましたが、この旅の後は二度と銃を手にせず、その後ハンターは自然保護主義者になったと宣言しています。

ーーーーーーーーーー
インド映画を取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

リンゴ・スターはあまり話題にならないし、アシュラムの仲間でTMの主唱者であるマイク・ラブによって彼は回想されませんでした。またTMの本当の効用を探ることになると、神秘主義の議論と同じように、話は曖昧になっていきます。

マハリシは肯定的に描かれていますが、レノンが滞在の直後に彼について書いた皮肉な歌「セクシー・セディ」についての言及があり、ソルツマンは、なぜグループのメンバーの一部が教祖と仲違いしたかというテーマを少しだけ取り上げていますが、それはマハリシが施設内の女性に手を出したと言われていることと関係があります。ビートルズの側近である「マジック・アレックス」という人物が、聖人について虚偽の話を広めたというのが、ソルツマンとルイスーンが提示した弁明ですが、その人物は2017年に亡くなる前に、この騒動についてまったく異なる説明をしています(そしてここで提示したものと同様の記述についてニューヨークタイムズを提訴しています)。

「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」が精神的な悟りを祝うために通り抜ける水は、有名な広いガンジス川とあまり関係がないのです。それでも、精神的な探求は別として、個々のビートルズメンバーが、自分たちの高尚な生活の中に邪魔者として入り込んできた人物をどれだけ受け入れることができたか、という点では、ここにファンとしての価値があるのです。それこそが、啓示なのかもしれないのです。

ーーーーーーーーーー
インド映画について番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー


Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド