インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
http://bangaloremedia.jp/

インド・グジャラート州起源舞踊のガルバについて:



ガルバは、インドのグジャラート州を起源とする舞踊の一形態です。サンスクリット語の「Garbha」に由来しています。多くの伝統的なガルバは、中央に点灯するランプや女神シャクティの絵や像の周りで演じられます。伝統的には9日間のヒンドゥー教の祭りナヴァラートリの際に行われます。同心円の中央にランプ(ガルバ・ディープ)または女神ドゥルガー(アンバとも呼ばれる)の像が置かれ、崇拝の対象として用いられます。

”インドバジガー”


ーーーーーーーーーー
インド・グジャラート舞踊ガルバを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

ガルバという言葉はサンスクリット語の「子宮」に由来し、妊娠、つまり生命を意味しています。伝統的には、ガルバ・ディープ(「子宮のランプ」)と呼ばれます、中に灯りの入った粘土製のランタンを囲んで踊ります。このランタンは生命を表し、特に子宮の中の胎児を象徴しているのです。このように、踊り手は女性的な神性であるドゥルガーを称えています。

”インドイベントー”


ガルバは、ヒンドゥー教の時間に対する考え方の象徴として、輪になって行われます。ヒンドゥー教では時間が循環しているため、踊り手の輪は周期的に回転します。誕生、生、死、そして再び生まれ変わるという時間のサイクルの中で、唯一不変なものは女神であり、この終わりのない無限の動きの中にあるたった一つの不動のシンボルなのです。この踊りは、常に変化する宇宙の中で、この場合女性の形で表される神だけが不変であることを象徴しています。

ーーーーーーーーーー
インド・グジャラート舞踊ガルバについて番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー

ガルバ・ディープにはもう一つ象徴的な解釈があります。器そのものが身体の象徴であり、その中に(女神の形をした)神性が宿っているのです。ガルバは、すべての人間がデヴィの神聖なエネルギーを内に秘めていることを称えるために、このシンボルの周囲で踊るのです。

”インドイベントー”


現代のガルバは、伝統的に男性が踊るダンディヤ・ラースの影響も大きく受けています。この2つのダンスが融合して、今日見られるようなハイエナジーなダンスが形成されているのです。

ーーーーーーーーーー
インド・グジャラート舞踊ガルバを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

ガルバとダンディヤを踊る際には、男女ともに通常カラフルな服を着ます。少女や女性は、刺繍が施されたカラフルなブラウスであるチョリに、複雑な細工が施されたフレアスカートのようなボトムであるチャニヤとデュパッタを組み合わせた3ピースのドレスであるチャニヤチョリを着用し、通常グジャラートの伝統に従って着用します。チャニヤ・チョリは、ビーズ、貝殻、鏡、星、刺繍細工、マティなどで飾られています。伝統的に女性はジュムカ(大きなイヤリング)、ネックレス、ビンディ、バジュバンダ、チュダとカンガン、カマルバンダ、パヤル、モジリで身を飾ります。男の子と男性はカフニの服に膝上のガグラ(短い丸いクルタ)、頭にはパガディを着用し、バンディーニ・ドゥパッタ、カダ、モジリなどを身につけます。グジャラート語では、男性が着るこれらの服は「ケディユ」と呼ばれています。年々、ガルバへの関心は高まるばかりです。インドの若者、特にグジャラートのディアスポラの間で、ガルバに対する関心が非常に高まっているのです。伝統的にこの踊りは同心円状に行われ、グループ全体が同期して一歩ずつ踊り、ビートはゆっくり始まり、徐々にスピードに乗っていきます。

ーーーーーーーーーー
インド・グジャラート舞踊ガルバについて番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
インド・グジャラート・コーディネーターに相談して下さい!
ーーーーーーーーーー

”インドイベントー”


ガルバやダンディヤ・ラースはアメリカでも人気があり、20以上の大学がプロの振り付けによるラース/ガルバの競技会を毎年大規模に開催しています。カナダのトロントでは、毎年参加者数で北米最大のガルバが開催されています。 ガルバはイギリスでも非常に人気があり、独自のガルバナイトを開催しており、世界中のグジャラート人コミュニティの間で広く親しまれています。

ガルバはグジャラート族の民族舞踊で、9夜続く祭典「ナブラトリ」に祝われる。ガルバの歌は通常、9人の女神を題材にしたものが中心です。ガルバのスタイルは、グジャラート州の地域によって様々です。

”インドイベントー”


ガルバダンサーの伝統的な服装は、赤、ピンク、黄色、オレンジ、そして鮮やかな色のチャンヤ、チョリ、ガグラチョリ、バンダニ(絞り染め)、アブラ(大きな鏡)、またはグジャラートの太いボーダーの入ったデュパタなどです。また、2~3本のネックレス、きらめくバングル、ウエストベルト、酸化皮膜の長いイヤリングなど、重厚なジュエリーを身につけます。伝統的に男性は、エスニックなケディアと服、ブレスレットとネックレスを身につけます。


Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド