インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
http://bangaloremedia.jp/

インド ダシェラ祭り



ダシェラ(ヴィジャヤ・ダシャミ、ダサラ、ダシャイン)は、善が悪に勝利したことを祝うヒンドゥー教の祭りである。ヒンドゥー教の暦では、アシュヴィン月(アシュワユジャ)の明るい半分の日(シュクラパクシャ)の10日に行われるインドの公認の祝日です。 インドのジャイプールで道端に売られているラーヴァナの肖像画。インドで毎年行われます

”インドバジガー”


人々は何をするのか?
ヒンドゥー教の人々の多くは、インド各地の自宅や寺院で、神々に特別な祈りや食べ物を捧げ、ダシェラ祭を祝います。また、屋外の祭り(メラ)や、ラーヴァナ(古代スリランカの神話上の王)の肖像を掲げた大規模なパレードも行われます。肖像画は夕方に焚き火で燃やされる。ダシェラは、ナヴァラートリ祭りの頂点に位置する祭りです。

ーーーーーーーーーー
ダシェラ祭りを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

インドのいくつかの地域では、10日ほど続くこともあります、たくさんのローカルなスタイルがあるのです。ローカルなイベントには次のようなものがあります。

”インドバジガー”


北インドでは、ラムリラ(叙事詩『ラーマーヤナ』の短編版)が上演されます。 カルナータカ州のマイソールで行われる、象に乗ったチャムンデシュワリ女神を含む大規模な祭りと行列の催しがあります。

ーーーーーーーーーー
ダシェラ祭りについて番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー

カルナータカ州では、本やコンピューター、調理器具、車など、家庭や仕事に必要な道具を祝福するのです。 ベンガル州では、ルチ(平たいパンを揚げたもの)やアルール・ドム(スパイスで味付けしたジャガイモのスナックを揚げたもの)などの特別な食べ物が用意されます。 また、多くのヒンズー教徒は、ダシェラの日に新しい事業やプロジェクト、旅を始めるのは幸運だと信じている。また、マハーバーラタの物語に登場するパンダヴァー兄弟の流浪の物語の象徴として、シャミの木(プロソピス・スピシゲラ)の葉の贈り物を交換することもあります。

”インドバジガー”


背景
ダシェラは、ヒンズー教の神ラーマが魔王ラーヴァナに勝利し、悪に対する善の勝利を祝う祭りです。叙事詩『ラーマーヤナ』は、ラーマ神が美しいシータを妻に迎えるが、ランカの魔王ラーヴァナに連れ去られてしまうという物語です。

ラーヴァナは『ラーマーヤナ』の中で重要な役割を担っている。ラーヴァナにはショウルパナカと呼ばれる妹がいました。彼女はラーマとラクシャマナ兄弟に恋をして、どちらかと結婚しようとしました。ラクシャマナは彼女との結婚を拒否し、ラーマはすでにシータと結婚していたため結婚できませんでした。

ーーーーーーーーーー
ダシェラ祭りを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

ショールパナカは、彼女がラーマと結婚できるように、シータを殺すと脅しました。これに怒ったラクシャマナは、ショールパナカの鼻と耳を切り落としました。そして、ラーヴァナは妹の傷の復讐のためにシータを誘拐しました。その後、ラーマとラクシャマナはシータを救出するために戦いを繰り広げました。猿の神ハヌマーンと猿の大軍が彼らを助けました。

”インドバジガー”


『マハーバーラタ』もまた、ダシェラ祭に一役買うヒンドゥー教の一連の物語です。パンダヴァ族は5人の兄弟で、特徴的な武器を持って悪の勢力と戦っていました。彼らは武器を捨て、1年間流浪の旅に出ました。彼らは武器をシャミの木に隠し、流浪から戻ると隠した武器を手にしました。そして、その木を拝んでから戦いに臨み、勝利したのです。この叙事詩はダシェラの期間にも祝われます。

ーーーーーーーーーー
ダシェラ祭りについて番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー


Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド