(インド ビハール州 チャットプージャ祭)

チャットプージャは ビハールの代表的なお祭りです。`
チャットプージャは、太陽のお祭りと言われ4日間のお祭りで
太陽の神様に日の出と日の入りにお祈りをします。
プジャ(お祈り)をする人たちは2日間水も飲まず断食をしているそです。
マーケットには。お供え用の果物などが 大量に売られます。


インド ビハール州最大のチャットプジャお祭り。

沢山のお供え物が並べられています。



(チャット・プージャ)
チャット・プージャ(Chhath Puja)は太陽神に捧げられる祭典です。この祭りは、主にビハールやウッタル・プラデーシュなどの北インドで祝われます。
pujaは、より長く、健康的に生きるために、太陽の神からの祝福を求めるために行われ、すべての人生を通じて繁栄しています。フェスティバルは10月から11月の間に祝われます。
Chhathは文字通り「6」を意味し、ここでは祭りはゴーバルダン Pujaの直後に始まり、7日目(Saptami- the Paran /
Parna Day)に完成します。



果物などお供え物を 川に流します   
サトウキビを束ねた物は儀式で使います




( 儀式と伝統 )

チャット。プージャは太陽神に捧げられています。地球上で祝福を浴び、人生とエネルギーを持続させるために、サン・ゴッドに感謝することに賞賛されています。
信者が食べ物や一滴の水を飲まない36時間絶食するので、Chhath Pujaの儀式と伝統はとても難しいです。

1日目:(ナハ、カーイ) - ダラチャハスの最初の日はナハ・カーイと呼ばれています。この日、特にガンジス川で沐浴し施し物を自宅に作るために川の聖水を持ってきます。

2日目:(カーマ)-長い一日を(水の飲めない)信者によって見届けられます。 Chhathi
Maiyaと東方の施しを崇拝した後、彼らは一日中急いで夕方に終わらせます。 Prasad(施し物)とも呼ばれる提供は、Rasia  -
kheer(牛乳で炊飯された米)、puris(パフ)またはchapattis(インドのパン)とバナナで作られています。
Prasadは他の家族や隣人にも配られています。

3日目:Sandhya Arghyaサンダーアルハヤ(夕方の施し):3日目
1日中、puja(お祈り)の準備に費やされます。すべての奉納物(アルハヤ)は、ダウリ(竹スティックで作られたバスケット)、スーパリ(細かい竹スティックで作られたバスケット)、金属バスケットに保管されています。供物は、tekhua(甘い料理)とプリ、ココナッツ、バナナ、アップル、オレンジ、および他の季節の果物で準備されています。

夜の儀式を行うために、人々は川や池の堤防やその他の水域に行きます。すべての断食をする人、家族、友人、そして隣人が一緒に集まり、Sandhya
Arghya夕方の施しを太陽の神にお供します。

Kosi(Kosiya):Kosi
bharnaまたはKosiyaは(コシ・バーマ、コシヤ)はチャット・プージャで最も輝く美しいイベントの1つです。アンディーナまたは家の中庭にあるSandhya
Arghyaの後、コシが祝われます。コシは、通常土鍋またはランプで、サトウキビの棒を5本、サトウキビの棒を黄色の布でつないだものです。コシの同じ儀式は、モーニング
アルハヤは朝早くガートで祝われます。

4日目:BihaniyaまたはBhorwa
Ghat(朝の施し)):これは最後の、またはこの栄えある聖なる祭りの最後の日です。信者は家族と友人と一緒に川のほとりに集まり、上昇する太陽にbhorwa
arghya(朝の供物)を提供します。 アルハヤの後、チャット・マヤを崇拝し、家に帰るために、ガートでひざまづきます。
ガートから帰った後、信者やヴラティス(断食者)は長老たちの祝福を受けて、生姜水を飲みます。
その後、さまざまな種類のおいしい食べ物が断食をしていた人に提供されます。
これは儀式の中で最も重要な部分です。このフェスティバルでは、女性の皆さんは伝統的なチャーの歌を歌いながら夜を過ごしています。

Chhath Pujaの間、断食者iと家族によって非菜食主義の食べ物を食べることは厳しく禁止されています。食べ物は厳密にはベジタリアンで、塩、ニンニク、タマネギを使わずに徹底的に注意深く調理します。

どの家族でも、女性達はチャットプージャを行い、伝統は毎年、長世代によって続けられます。
チャット・プージャの間に断食者を助けることはすべての人に彼女達に祝福を与える様に人生の最も幸せな行為であると言われています。