インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
http://bangaloremedia.jp/

ナミビアのチーターがインドに里帰り



モディ首相は9月17日、マディヤ・プラデーシュ州のクノ国立公園にチーター3頭を放ちました。
8頭のチーター(うち5頭はメス)がナミビアのウィントフックからグワリオールに空輸され、その後ヘリコプターでクノ・パルプールの草原に移動しました。
チーターは木箱で運ばれ、特別に設計された囲いの中で1ヶ月間生活し、インドの獲物や森林の状況に順応するための練習をする予定です。

”インドバジガー”


ーーーーーーーーーー
インド・クノ国立公園のチーターを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー

モディ首相はテレビ演説で、一般市民がクノ国立公園を訪れて動物を観察できるようになるには「数カ月」かかるだろうと述べました。またモディ首相はテレビ演説で、「彼らは今、ゲストとしてやってきており、インドでの生活に慣れるまでには時間がかかるだろう」と述べています。

”インドバジガー”


チーターには無線標識が付けられ、その動向が追跡されます。それぞれのチーターに専門の追跡チームがつきます。また、野生生物学者や生物学者、著名な動物学者でアフリカのチーター保護基金の創設者であるローリー・マーカー氏らによるチームも結成され、種の回復に取り組んでいるのです。

ーーーーーーーーーー
インド・クノ国立公園のチーターについて番組で放送してみませんか?
アポやロケハン、撮影コーディネートお問い合わせください!
ーーーーーーーーーー

インドにおけるチーターの導入は、プロジェクト・チーター・チームの下で行われており、環境省によると、大型肉食獣が新しい個体群を確立するために大陸を越えて移動されたのは初めてのことであるとのことです。 「数十年前、生物多様性の古くからのつながりが断ち切らインドのチーターは絶滅してしまいましたが、今日、私たちはそれを回復する機会を得ました」とモディ首相が言っています。

”インドバジガー”


ーーーーーーーーーー
インド・クノ国立公園のチーターを取材してみませんか?
日本語の話せるインド人コーディネーターが撮影コーディネートします!
ーーーーーーーーーー


Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド